本文へスキップ

高校生留学、中学生留学、小学生留学、サマーキャンプ カナダ留学エージェント

VANCOUVER
フューチャーグローブ教育研究所(FGEI)

カナダの高校は入学試験がない(高校留学)

日本の高校とは違うカナダの高校

 カナダの高校は日本の高校システムとは異なるところがあります。その大きな違いの一つは、カナダでは高校入試がないことです。(私立高校は試験や面接を行う学校が多いです)

 高校入試がないということは地元の生徒が誰でも入学することができるということです。誰でもその学校に通うことができるということは、学校には勉強がよくできる生徒もあまりできない生徒も混在しているということです。日本のように試験で入学する高校を振り分けるといわけではありません。偏差値で高校の優劣をつけることもありません。

 ついでに申しておきますと、大学入試というのもありません。入学審査はありますが、テストは受けません。大学は高校の総合的な評価によって合否が決まるのです。

優秀な生徒のためのクラス

 さて、カナダの学校には勉強熱心な生徒も勉強しない生徒も混じっているとすれば、勉強熱心な生徒が勉強しない生徒に足を引っ張られるのではないかと懸念される方がおられるかもしれません。
カナダの高校には入学試験がない
 カナダの学校システムでは良くできる生徒にはより難しいレベルの授業が選択できるようクラスを設けています。例えば、すべての学校にあるわけではないのですが、IBクラスやAPクラスというのがあります。IB(International Baccalaureate)もAP(Advanced Placement Program)も成績が良くないと受講できないクラスです。これらのクラスでは宿題がとても多く、夜11時までに寝るような生徒は到底やっていけないと言われています。

 カナダ人生徒の中には勉強が良くできてもIBやAPを受講しない生徒もたくさんいます。勉強だけに時間を費やすのではなく、スポーツや音楽や自分の趣味のほうにも力を入れたいからです。スポーツとこれらのクラスを両立させていける人はあまり多くはいません。それほどIBやAPは大変なクラスなのです。

 留学生がこれらのクラスを受講するのはかなり難しいと思います。英語がカナダ人並みに出来ないといけませんし、その上で他の科目も成績が良くないといけません。留学生でもIBやAPを受講している生徒がいますので、全く不可能というわけではありませんが、人並み以上に努力する人である必要があるでしょう。
 
 他にも数学を例に挙げれば、普通にできる生徒はたいていPre-calculus(微分積分学)を受講するのですが、よくできる生徒はIB数学やAP数学を受講できますし(通学する学校にそれらの科目があればですが)、数学が得意でない生徒は基礎数学のクラスを受講することができます。

 それに、成績が優秀な生徒ならば10年生でも11年生の数学を受講することも可能です。留学生でも数学は1学年上のクラスに入っている人もいます。

 このようにカナダの学校は日本の学校に比べると非常に自由が利くのです。

 ↑「留学を考える」目次ページに戻る ↑

Builder Clinic★フューチャーグローブ教育研究所★

FGEIは1994年にバンクーバーで設立された日本人の会社

●留学前の親切な案内と手続き
●留学中のきめ細かなサポート
●留学後の進学アドバイス

小学生・中学生・高校生留学のエキスパート
現地で親身になってお世話するから生徒も親も安心!
◆ゆとりある教育を実践するカナダ
◆それでも教育レベルが高いカナダ
●治安のよい地域で、しっかりした教育を受けさせたい、そんな夢が叶うバンクーバー
●世界で最も住みよい町の一つと評価されているバンクーバー