本文へスキップ

高校生留学、中学生留学、小学生留学、サマーキャンプ カナダ留学エージェント

VANCOUVER
フューチャーグローブ教育研究所(FGEI)

カナダ高校留学にかかる留学費用

 カナダの高校に留学するための費用について記します。

 留学を希望する高校生は多いのですが、実際に実行できる人は限られてきます。それは、留学するにはそれなりの費用が必要だからです。学費は日本の私立高校の方が高い場合もありますが、海外留学の場合は住まいや食事を提供するホームステイ費が必要になるので、どうしても割高になります。海外に住むのですからそれは仕方がない部分です。日本のインターナショナル校の学費と比べればホームステイを含んだカナダ留学総費用のほうが安い場合もあります。

 さて、実際にどのくらいの留学費用が必要であるのか見て行きましょう。

ブリティッシュコロンビア州の公立学校の場合

表示はカナダドル。料金表示に範囲があるのは学区によって費用が変わるからです。
日本円に換算する場合、為替変動により金額は毎日変化します。
ちなみに2017年9月初旬の為替では、1カナダドル=約90円です。

・申請費:$200〜600
・授業費:$14,000〜14,500
・医療保険:$900〜950
・ホームステイ斡旋:$300〜
・ホームステイ費用:$900〜975(1ヶ月)


◆学費だけの費用
1カナダドル=90円の場合 約126万円〜130万円

◆1学年間の留学費用(ホームステイ費や医療保険費を含む)
1カナダドル=90円の場合 約220万円〜230万円

その他、学校関係の費用
●学区によっては後見人費用を徴収する場合があります。
●学校で受講するクラスによっては材料費などがかかる場合もあります。(ほんの僅かの金額)
●クラブ活動で参加費遠征費を支払うこともあります。(クラブ活動によります)

学校関係以外の費用
 その他、日常生活にも以下の費用が発生します。
携帯電話費用
 今は留学生のほとんどがスマホを使用しています。料金はどのような条件で契約するかによります。
お小遣い
 物価は品物によって日本より安かったり、高かったりしますが、平均的には東京と変わらないと思います。ただし、日本食料品などは輸入しているため2倍ほどの値段がします。お小遣いの使い道は友達と食事をしたりお茶を飲んだりということが多いです。ダウンタウンやショッピングセンターに買い物に出かけるときには交通費が発生します。バンクーバーにはゲームセンターやカラオケ店がほとんどないので、そういう遊びのためにお金を使うことは少ないと思います。

渡航時にかかる費用
●航空券
 渡航する時期によって変動します。料金はエコノミークラスで10万円から20数万円と幅が広いです。

 あと、カナダで生活するための自分の持ち物が必要ですが、カナダで調達したほうがいい物や日本から持ってきた方がいいものなどはFGEIがリストをお渡しし、細かく説明いたします。

 高校留学のような長期留学ができる人はやはり限られた人だといえます。日本政府が留学生のために無利子で留学資金を貸すとか、成績の良い留学生にはスカラシップを与えるとかして、国を挙げて支援してくれるといいですね。

 留学生たちも親に感謝することを忘れず、カナダでいろいろなことを体験し、精一杯学んでほしいと思います。

 ★詳しくはFGEIにご相談下さい。


 ↑「留学を考える」目次ページに戻る ↑

Builder Clinic★フューチャーグローブ教育研究所★

FGEIは1994年にバンクーバーで設立された日本人の会社

●留学前の親切な案内と手続き
●留学中のきめ細かなサポート
●留学後の進学アドバイス

小学生・中学生・高校生留学のエキスパート
現地で親身になってお世話するから生徒も親も安心!
◆ゆとりある教育を実践するカナダ
◆それでも教育レベルが高いカナダ
●治安のよい地域で、しっかりした教育を受けさせたい、そんな夢が叶うバンクーバー
●世界で最も住みよい町の一つと評価されているバンクーバー