本文へスキップ

高校生留学、中学生留学、小学生留学、サマーキャンプ カナダ留学エージェント

VANCOUVER
フューチャーグローブ教育研究所(FGEI)

留学生が海外生活で体験すること(高校留学)

 当たり前のことなのですが、留学生は日本を離れて外国で生活しています。そして、外国は日本とは違うのに同じように考えている人が大勢います。途上国に行くのではなく、カナダのような先進国ならモノも人も同じようだろうから問題はないだろうと思うかもしれません。でも、たとえ先進国でも、実際には外国ではいろいろなことにおいて違いがあります。

 なるほど、カナダでは道路が舗装されていて、車もバスも走っています。高層ビルも建っているし、家並みもきれいです。レストランやスーパーもあります。家にはテレビもコンピューターもあります。人の身なりもきちっとしています。このように一見したところ日本とほとんど変わりません。

 しかし、交通基盤や産業基盤などが一見同じようであっても、実際はいろいろなことが異なります。言語だけでなく、人の思考や行動による違いもあります。

カナダは文化も人の考え方も日本とは異なる

 少し例を挙げてみましょう。

 日本では交通機関において時間をきちっと守ります。かつて30秒電車が遅れたため、鉄道会社のメンバーが謝罪をしました。このニュースを聞いたカナダ人はどうしてそんなことで謝罪しなければいけないのとあきれていました。カナダでは時間に対してアバウトです。でも、カナダ人はそれでいいと思っています。時間に対しての考え方に違いがあるのです。

カナダの旗 これは私自身に起きたことですが、かつてBC州の内陸部のハイウェイで車がオーバーヒートしてしまいました。BCAA(日本のJAFのようなもの)に電話を掛け、レッカー車で修理工場に車を運んでもらうことになりました。レッカー車の人は一番近い修理工場はすぐそこだからと言いました。我々もすぐだからと思っていたのですが、なんと修理工場まで2時間もかかりました。カナダのすぐそこは2時間。日本人の感覚とはずいぶん違います。

 バンクーバーにはタクシーがたくさん走っていますが、流しのタクシーはほとんどありません。空港や大きなホテルには客待ちのタクシーが停まっていますが、町中を 走っているタクシーはほとんどが客を乗せていますので、手を挙げても止まってくれません。

 日本ではコンビニがたくさんあります。日本のコンビニにはいろいろな食べ物があり、ちょっとした文房具や雑貨も置いています。それに、振り込みができるようなシステムもあります。カナダにもコンビニはありますがその数は少なく、売っている品物の数も少ないですし、いろんな支払いなどができるようなシステムが整っていません。

 カナダのデパートやいろいろな品物を売っているスーパーなどで、「この品物を探しているのですが、どこにありますか」と尋ねても、「それは私の持ち場じゃないから知らないわ」と返事が返ってきます。日本の場合はデパートや量販店の店員さんに探し物を訊ねたら、たいてい親切丁寧に教えてくれます。日本の店では「お客様は 神様」のごとく、過剰なほどのサービスをしてくれるのとは大きな違いです。

郷に入れば、郷に従え

 他にも異なるところはたくさんありますが、このように外国では日本でのことと同じように考えてはいけないということがお分かりだと思います。自分は違う国に来ているのだともっと自覚する必要があります。

 『郷に入れば、郷に従え』です。

 留学するというのは、語学や学校の勉強を学ぶだけでなく、その国のあらゆる事象を体験することも含まれます。

 外国では文化や習慣が違いますし、ものごとの価値観にも差があります。いろいろなことをよく見て、たくさん経験して、視野を広げましょう。それが留学の良いとこ ろです。

 カナダで多くのことを体験しよう!


 ↑「留学を考える」目次ページに戻る ↑

Builder Clinic★フューチャーグローブ教育研究所★

FGEIは1994年にバンクーバーで設立された日本人の会社

●留学前の親切な案内と手続き
●留学中のきめ細かなサポート
●留学後の進学アドバイス

小学生・中学生・高校生留学のエキスパート
現地で親身になってお世話するから生徒も親も安心!
◆ゆとりある教育を実践するカナダ
◆それでも教育レベルが高いカナダ
●治安のよい地域で、しっかりした教育を受けさせたい、そんな夢が叶うバンクーバー
●世界で最も住みよい町の一つと評価されているバンクーバー