本文へスキップ

高校生留学、中学生留学、小学生留学、サマーキャンプ カナダ留学エージェント

VANCOUVER
フューチャーグローブ教育研究所(FGEI)

カナダの高校のスポーツとクラブ活動

 日本とカナダの高校は学校のクラブ活動やスポーツについての考え方に違いがあります。それらについて、思うところを述べてみたいと思います。

カナダの学校のスポーツはシーズン制

 日本の高校生のスポーツ関係の部活の場合、ほとんどの人が1つのスポーツに専念します。例えば、野球部、サッカー部、ラ グビー部、バレーボール部、バスケットボール部、テニス部など、競技を選んだらそのスポーツだけをします。
カナダの高校 陸上大会
 しかし、カナダの高校でのスポーツはシーズン制です。シーズンによって行われるスポーツが違います。男子なら秋はフット ボール、冬はバスケ、春はゴルフなど、女子なら秋はバレーボール、冬はバスケ、春はサッカーなどと1年に3つほど競技が 変わります。1年中同じスポーツをする日本とは異なります。なので、カナダの高校生は学校では複数のスポーツを楽しむ者もいますし、もちろん、1つのスポーツだけ選んでする者もいます。
 チームに加入するにはトライアウトといって選考が行われるスポーツもありますので、そのスポーツに関して全くの初心者であればチームに入れない場合もあります。逆に運動神経が優れている生徒は複数のスポーツをする場合が多いです。カナダの高校 野球

 小学校ではほとんどクラブ活動はなく、バスケ、バレーボール、クロスカントリーがあるくらいで、小学生のときは地域のスポーツクラブに加入して他のスポーツをします。セカンダリースクール(小学校の後の8年生から12年生までの学校)に入ると、小学校のときに加入していたスポーツの延長でスポーツを選んでいくことが多いですが、それでも複数のスポーツをする生徒は多いです。学校のスポーツだけでなく、地域のスポーツクラブにも所属するものもいます。

 例えば、カナダの高校には野球部はありません。野球をしたい子供は地域のチームに所属します。サッカー部は学校にもありますが、学校のサッカーは3か月間ほどしか行われませんし、チームに選ばれるにはトライアウトを受けて選ばれないといけ
ません。サッカーが上手な者は学校のチームと地域のチームと掛け持ちでするものが多いです。学校のチームに選ばれなくてもサッカーが好きななら地域のチームに加入してサッカーを続ける者もいます。

 また、異なるスポーツでシーズンが重なる場合もあります。ある男の子はラグビーと野球の試合が重なって、そのときはラグビーの試合に行きました。アイスホッケーとバスケが重なる場合もあります。コーチとしては自分が指導するスポーツを選んでほしいでしょうが、どちらに行くかは本人任せの場合が多いです。日本と比べると”ゆるい”です。カナダでは子供のうちは複数のスポーツをすることを推奨しているからかもしれません。実際、小さい頃から一つのスポーツに専念している子供は同じ動作を繰り返ししている場合が多いので、身体が歪んだり、ケガをするリスクが高いそうです。

カナダの高校にあるスポーツの種類

カナダの高校 サッカー 学校によって設けているスポーツの数や種類は異なります。大規模校は生徒数が多い分、競技の種類も多いです。小規模校はラグビーやフットボールなどの選手数が多い競技はチームを作ることができませんので、競技の種類が少なくなってしまいます。
 カナダでは9月に新学期が始まりますが、例えば、秋はクロスカントリー、サッカー(男子)、フットボール、水泳、バレーボール(女子)、フィールドホッケー(女子)、冬はバスケットボール、カーリング、体操、アイスホッケー(男子)、レスリング、スキー・スノボー、春はフットボール、ラグビー、バドミントン、ゴルフ、マウンテンバイキング、陸上、フリスビー、サッカー(女子)などがあります。

 また、地域でも行われるスポーツはサッカー、アイスホッケー、フィールドホッケー、水泳、陸上、ラグビー、バスケ、アイススケートなどです。

留学生とスポーツ

 さて、カナダでのスポーツの概要を書いてきましたが、カナダの学校でスポーツもしたいという留学生からの問い合わせもときどき受けますので、ここからは日本人留学生のスポーツについて考えてみたいと思います。

 留学中にスポーツをすることには大賛成です。しかし、留学生はカナダの子供とは全く同じようにはいきません。それは、英語力に差があるからです。留学生にとってはスポーツと勉強の両立は大変です。カナダの高校 女子フィールドホッケー

 留学生にとって学校で良い成績を取るにはかなりの努力が必要です。現地校での成績がある程度良くなければ、カナダの大学だけでなく、日本の有名大学に入学することも難しいでしょう。カナダの大学はスポーツだけしていても入学できるというわけではありません。高校のときにある程度良い成績を取っておく必要がありますし、大学に入ってからも成績不振だと退部させられます。日本に戻って大学受験するにしても、現地での成績が悪いと有名大学には入学できませんし、もちろん成績は良いほうが選択できる大学も多くなります。

 もちろん学業とスポーツの両立ができるなら、それはとてもいいことです。最初から英語がネイティブ並みにできる人や余程頭のいい人にはチャンスがあるかもしれません。今まで学校の勉強に苦労している留学生の姿を見てきているので、スポーツを中心に考えて留学しても上手くいく確率は非常に少ないと思います。

 一部のスポーツを除いて日本の高校で部活をしているほうがコーチの指導もよく、練習量も多いので、上手くなると思います。スポーツで大学進学を考えている人は日本の高校に通う方がいいでしょう。既に述べましたが、留学生にとっては学校の勉強が大変です。心配なのはスポーツも学業も、どちらも中途半端になってしまうことです。

 カナダの大学であれ、日本の大学であれ、大学進学を希望する高校留学生には、カナダのシーズン制のスポーツを選んでするぐらいがちょうどいいのではないかと思います。

留学生はスポーツと学問の両立は難しいのが現実
留学前に英語力を高めておこう


 ↑「留学を考える」目次ページに戻る ↑

Builder Clinic★フューチャーグローブ教育研究所★

FGEIは1994年にバンクーバーで設立された日本人の会社

●留学前の親切な案内と手続き
●留学中のきめ細かなサポート
●留学後の進学アドバイス

小学生・中学生・高校生留学のエキスパート
現地で親身になってお世話するから生徒も親も安心!
◆ゆとりある教育を実践するカナダ
◆それでも教育レベルが高いカナダ
●治安のよい地域で、しっかりした教育を受けさせたい、そんな夢が叶うバンクーバー
●世界で最も住みよい町の一つと評価されているバンクーバー