本文へスキップ

高校生留学、中学生留学、小学生留学、サマーキャンプ カナダ留学エージェント

VANCOUVER
フューチャーグローブ教育研究所(FGEI)

コーヒーブレイク

カナダ人は字が下手

 こんなタイトルだと、じゃあ俺はカナダ人かあ、と思う人がいるかもしれません。そういう私もカナダ人もどきです。ごめんなさい、もちろんカナダ人全員が字が下手だというわけではありません。今までの経験から学校の先生や友人のカナダ人は字が下手な人が多かったもんで、ついこういう書き方になってしまいました。こういう場合は個性がある書き方をするなあ、と言えばいいのでしょうか。

 昔教わった先生は左利きだったので、左手で黒板にスラスラ文字を書いておられました。とても個性的な筆運びでしたが文字は読みやすかったです。そうです。この場合は個性的だといえると思います。しかし、右利きの人がクチャクチャとわかりずらい字で書いているとそれは個性的とはいえません。もちろん特徴のある字と下手とはまったく違う次元です。

ノートパソコン カナダでは小学生の4年生か5年生ぐらいに授業でタイプを習います。現在ではそれより前に家でパソコンを使っている家庭も多いかと思います。学校にはコンピュータールームが備わっていますのでコンピューターを使って練習します。最初はhome row (キーボードのA の段)と呼ばれる基本のキーを打つ練習から始めます。ASDFのキーを左の各指で、HJKL を右手の指で自由にタイプできるように動かす練習です。それからそれらの上下の段を練習します。上手くなってくると手の上に布切れをかぶせて見えないようにしてタイプさせます。ときどき宿題やプロジェクト(何かのテーマに関して調べたことをまとめて発表する)にもタイプを使用します。このようにタイプの使用は小学校時代から大人までずっと続くことになります。

 カナダ人は字を書くのが下手だからタイプをよく使用するのか、タイプをよく使用するから字が上手くならないのか。。。?いずれにせよ他人が読めないような文字を書くならタイプで打ってほしいですね。

 また、どうせタイプをするのならいちいちキーボードを見なくても打てる「blind typing」(=touch typing)ができるといいですね。いかにも仕事ができる人のように感じてしまいます。

 話は少し変わりますが、映画「パールハーバー」をご覧になった方も多いと思います。日本がハワイのパールハーバーを奇襲攻撃したときの戦争映画です。それ以来、日本人は卑怯だという感情を植え付けてしまいました。しかし、一説によると日本の外交官が日米開戦の宣戦布告を知らせるタイプを打つのが遅すぎたためアメリカに通達するのが遅れたらしいのです。それで結果的に「真珠湾奇襲攻撃」となったわけです。戦争はもちろんしないほうが良かったのですが、タイプをもっと早く打つことができたなら、日本人は卑怯だと思われずにすんだことでしょう。

 「真珠湾攻撃」について、もう少し詳しく述べておきます。

 当時の国際社会では戦争を始めますよと事前報告すれば合法的に開戦できました。日本の司令官が攻撃する25分前に宣戦布告を決定し、ワシントンの日本大使館に電報を打ちました。そのとき大使館では人事異動による送別会をしていたので大使館には誰もいませんでした。翌朝職員が大使館に行き、その電報を見つけました。当時の電報はすべて暗号で、それを解読し、タイプで打ちます。しかし、このときタイプを打つ専門家はいなくて、代わりに上級書記官が慣れぬ手つきでタイプを打ちました。当然、時間がかかりました。出来上がったその文書を大使がアメリカの国防省に持って行きましたが、すでに時は遅く、85分前に真珠湾に最初の爆弾が投下されていたのです。
(参考:「教科書が教えない歴史」より)

Builder Clinic★フューチャーグローブ教育研究所★

FGEIは1994年にバンクーバーで設立された日本人の会社

●留学前の親切な案内と手続き
●留学中のきめ細かなサポート
●留学後の進学アドバイス

小学生・中学生・高校生留学のエキスパート
現地で親身になってお世話するから生徒も親も安心!
◆ゆとりある教育を実践するカナダ
◆それでも教育レベルが高いカナダ
●治安のよい地域で、しっかりした教育を受けさせたい、そんな夢が叶うバンクーバー
●世界で最も住みよい町の一つと評価されているバンクーバー