本文へスキップ

高校生留学、中学生留学、小学生留学、サマーキャンプ カナダ留学エージェント

VANCOUVER
フューチャーグローブ教育研究所(FGEI)

コーヒーブレイク

戒名をつける動物

 戒名とはお坊さんが死人につける名前のことですが、動物にも戒名(?)をつけるものがあります。

 肉料理の代表といえば、すき焼き、しゃぶしゃぶ。特上の霜降りビーフはしゃぶしゃぶにして食べると、舌の上でとろけるようで、何ともいえませんねえ。うー、食べたーい!残念ながら、カナダでは日本のような”霜降り”は食べられません。

 ビーフとは、もちろん牛肉のことですが、牛がまだのそりのそりと歩いているときは、「おー、ビーフが歩いているぞ!」とは言いませんよね。牛がpass away(die「死ぬ」の婉曲的な言い方)して、食用として店頭に並ぶと「beef」と戒名されるのです。

 じゃあ、生前の牛さんは何と言うのでしょう?一般的にcowといいますね。しかし、厳密に言うとcowは雌牛、乳牛のことです。雄牛はoxbullといいます。バスケット好きの人たちはご存知だと思いますが、かつてマイケル・ジョーダンやスコッティー・ピッペンがいたNBAシカゴ・ブルズのトレードマークは赤い顔の bull です。

 さて、牛肉と並んでよく食べる肉といえば、豚肉=pork。生前はもちろんpigですね。アメリカでは重さが120ポンド(約55kg)以下の豚を pig といい、それより大きい豚をhogと呼んでいます。他にもboar(ボア)ということもありますが、wild boaとなるとイノシシのことです。豚とイノシシは親類ですからね。

 ついでにhogを使った英語を書いておきましょう。

 hogとは口語で、「独り占めをする(動詞)」「独り占めすること(名詞)」という意味で使います。

The boy hogged the toy. (その子はおもちゃを独り占めにした。)
He is a ball hog.       (彼はボールを独り占めにする。)


 後のほうの例は、サッカーの試合なんかで、「誰にもパスをせず、自分でボールを持ってばかりいるやつ」という意味です。 

 4つ足の動物で、他にも食用となるのはです。英語で一般的にsheepといいますが、雄羊はram (ラム)、雌羊はewe (イユー)といいます。羊が食用になればmuttonですね。しかし、子羊は生前も死後も lamb (ラム、b は黙字)で変化しません。
:ramとlambの最初のラの発音は違うので注意しましょう。)

 こんな言い回しがあります。

She is a mutton dressed as lamb. (彼女は子羊のように着飾った羊だ。)

 すなわち、「彼女は若作りの年増女」。。。

 失礼しましたー!

Builder Clinic★フューチャーグローブ教育研究所★

FGEIは1994年にバンクーバーで設立された日本人の会社

●留学前の親切な案内と手続き
●留学中のきめ細かなサポート
●留学後の進学アドバイス

小学生・中学生・高校生留学のエキスパート
現地で親身になってお世話するから生徒も親も安心!
◆ゆとりある教育を実践するカナダ
◆それでも教育レベルが高いカナダ
●治安のよい地域で、しっかりした教育を受けさせたい、そんな夢が叶うバンクーバー
●世界で最も住みよい町の一つと評価されているバンクーバー