本文へスキップ

高校生留学、中学生留学、小学生留学、サマーキャンプ カナダ留学エージェント

VANCOUVER
フューチャーグローブ教育研究所(FGEI)

コーヒーブレイク

単位の話

「How tall are you ?」 
「I'm 6 feet tall.」
   

 いきなり英語ですが、中学生でも知っているフレーズですね。

 カナダでは車の免許証には背の高さがcmで表示されていますが、日常ではフィートやインチで表すことが多いです。上の人の6フィートとは約183cmです。今、NBA(National Basketball Association)で活躍している八村塁選手は6フィート8インチです。メール法でいうと、およそ2メートル3センチ。デカイですね。

 さて、この feet という語はご存知 foot の複数形です。そして、foot は足の指先からかかとまでの長さを表します。その長さは約30.48cmです。誰の足を基準にしてのかは知りませんが、さすがに外国人の足は大きいですね。

 余計なことかもしれませんが、 「あの人は足が長い」の”足”は ”foot”ではなくて、”leg”(レッグ)です。

「He has long legs.」
(彼は足が長い。)


 また、 inch は親指の幅からできた単位といわれていて、1 inch = 約2.54cmです。これは昔から日本で使われていた”寸”と同じように人の身体を基準に長さを決めたものですが、”寸”はおよそ3.03cmあります。日本人のほうが親指が太いのですね。ちなみに”寸”という漢字は右手の形に指一本を書き加えた象形文字だそうです。

 ところで、ゴルフのとき、距離を表すのにyard(ヤード)を使います。『残り150ヤード、9番アイアンでいいか』なんて言いますよね。あッ、すいません、パワーヒッターの真似をしてしまいました。7番アイアンをお願いします。

 このヤードは1200年ごろにヘンリー1世が自分の鼻の頭から伸ばした腕の指先までの長さを1ヤード( 0.9144 m) と決めたという説があります。他にもいくつか説があるので、興味のある人は調べてくださ〜い。

 他にも距離を表す単位としてはmileがあります。mile (マイル)は人が1000歩歩く距離を表します。このときの1歩とは左右1歩ずつをあわせて1歩としています。ですから、1歩は約1.6mになります。そして1000歩だから約1.6kmというわけです。日本人の足で考え出したとしたら1mileはもう少し短かったでしょうね。

 面積は普段あまり用いることはありませんが、家の広さや農場・牧場などに関して話すときに出てきます。例えば、住宅の敷地面積やリビングルームの広さなどです。部屋の広さなどはsquare feet(スクウェア・フィート)で表しますが、私の友人は4分の1エーカー(acre)の広さの土地に住んでいます。その広さといえば、約1000m2u、33m 四方の広さの土地です。日本だとこの土地にいったい何軒の家が建っていることでしょう。

 最後にスーパーなどに買い物に行ったときに、よく見たり、聞いたりする、重さの単位について記しておきましょう。

 肉や魚や野菜などを買うとき、カナダではグラムやキログラムで表示されていません。pound で表します。発音は「パウンド」です。1pound = 約450g です。 lb という記号を用いて表示しています。例えば、90c / lb と書いてあれば、1パウンドにつき90セントという意味です。lb はラテン語の重量単位を表す Libra からきています。

 パウンドは人の重さにも使います。そういえば、プロレスやボクシングでリングアナウンサーが、「ぅあかコーナー、265パウンド4分の1、XXOO〜ッ!」なんて紹介していますね。日本で行われる試合だったらkgを使ったらいいのにと思うのは私だけでしょうか。パウンドで言われてもピンときません。

単位表

 他にもいろいろな単位があります。昔はそれぞれの国で使用する単位が異なっていました。それぞれが自分たちの言葉で、自分たちが作った単位を使用していました。次第に他の国の人と貿易や商売をするようになり、いろいろな品物を計る単位が違うととても不便でした。そこで、今から200年以上前にフランスが中心となり、世界中の単位を統一しようと呼びかけました。何を基準にした単位を作ろうかと考えた挙句、地球の周りの4000万分の1の長さを1メートルと決めたのです。地球の周囲の長さをきっちり計測したのかという疑問はありますが。

 「メートル法国際条約」が作られ、日本は1921年に参加しています。全面的にメートル法が完全実施されたのは、1966年( 昭和41年)4月1日です。イギリスは1992年に、アメリカも1995年に調印しています。イギリスはメートル法をだいぶ使うようにはなってきていますが、アメリカは変更するつもりがないようで、まだまだヤードやフィート、ポンドなどの単位を使っています。カナダは基本的にメートル法を使用しているのですが、アメリカの文化や経済と近いため、メートル法とヤード・ポンド法が入り混じっているのが現状です。

Builder Clinic★フューチャーグローブ教育研究所★

FGEIは1994年にバンクーバーで設立された日本人の会社

●留学前の親切な案内と手続き
●留学中のきめ細かなサポート
●留学後の進学アドバイス

小学生・中学生・高校生留学のエキスパート
現地で親身になってお世話するから生徒も親も安心!
◆ゆとりある教育を実践するカナダ
◆それでも教育レベルが高いカナダ
●治安のよい地域で、しっかりした教育を受けさせたい、そんな夢が叶うバンクーバー
●世界で最も住みよい町の一つと評価されているバンクーバー