本文へスキップ

高校生留学、中学生留学、小学生留学、サマーキャンプ カナダ留学エージェント

VANCOUVER
フューチャーグローブ教育研究所(FGEI)

現地サポートの様子 LOCAL SUPPORT

銀行口座開設・デビットカード・小切手・使い方

 留学生がカナダに来て最初にすることは銀行口座開設です。日本からの仕送りの受け取りにも必要ですし、留学生が普段使うお小遣いを初め、スマホ代やホームステイ費、その他、現地でのいろいろな金銭の支払いにも必要です。

 銀行では口座を開設したときにキャッシュカードを作ります。このキャッシュカードはデビットカードと呼ばれます。カナダでは買い物をするとき人々はあまりキャッシュ(現金)を持ち歩かず、カードで支払いをすることが多いです。デビットカードはATMで現金を下すことができますし、どこの店でも使うことができます。

 カードだと使い過ぎるのではないかと心配する親もおられるかもしれませんが、1日に引きだせる金額や1週間におろせる金額を設定することができます。また、FGEIでは親が留学生の口座残高や取引の詳細をオンラインで確認できるように設定しますので安心できると思います。

 デビットカードを作った後、そのカードを使って生徒本人が現金を引き出したり、入金したりします。また、買い物に行って実際に使ってみるときもあります。

 買い物やレストランなどではデビットカードで支払いができますが、ホームステイの家賃、学校のフィールドトリップや旅行の参加費、選択科目の教材費、サマースクールの支払い、卒業アルバムの支払いなど、小切手で支払うようにと言われることがあります。選択科目の教材費というのは、例えばwoodwork(木工)の授業を受けている場合、本棚やいすなどを制作したときのその材料費です。

 小切手は銀行で注文します。2,3週間後、小切手が届きます。高校生にとって小切手は見たことも使い方も知らないので我々が書き方を教えます。

 お金の管理は大切!

カードの暗証番号を入力する
9年生で入学したL君。カードの暗証番号を入力中。

デビットカードの使い方を練習する留学生
作ったばかりのカードを使って現金を引き出してみる。

キャッシュカードで支払いする留学生
さっそく買い物の支払いにデビットカードを使うL君。

銀行口座を作る留学生たち
銀行で手続きをする3人の新しい留学生。

ATMでデビットカードの使い方を練習する留学生
ATMでキャッシュカードの使い方を練習する留学生たち。

デビットカードの暗証番号を打ち込む
カードの暗証番号を打ち込むAちゃん。

小切手に記入する留学生のYちゃん
小切手の書き方を教えてもらって実際に記入してみるYちゃん

カナダの小切手
カナダの小切手(見本)

Builder Clinic★フューチャーグローブ教育研究所★

FGEIは1994年にバンクーバーで設立された日本人の会社

●留学前の親切な案内と手続き
●留学中のきめ細かなサポート
●留学後の進学アドバイス

小学生・中学生・高校生留学のエキスパート
現地で親身になってお世話するから生徒も親も安心!
◆ゆとりある教育を実践するカナダ
◆それでも教育レベルが高いカナダ
●治安のよい地域で、しっかりした教育を受けさせたい、そんな夢が叶うバンクーバー
●世界で最も住みよい町の一つと評価されているバンクーバー