本文へスキップ

高校生留学、中学生留学、小学生留学、サマーキャンプ カナダ留学エージェント

VANCOUVER
フューチャーグローブ教育研究所(FGEI)

現地サポートの様子 LOCAL SUPPORT

留学生とスマートフォーン

 今やスマホは多くの人にとって欠かせないものになりました。お世話しているすべての日本人留学生が持っています。しかしスマホの使い方には注意を要します。特に使用時間の長さは留学生活に影響を与えます。

 朝起きたら、まずはスマホをオンしてSNSやメールをチェックし、ニュースを見たり。学校から帰ったら、また、スマホを触り、SNSをチェックしたり、Youtubeを見たり、ゲームに興じる。そして寝る前もスマホをいじって一日を終える。このような人もいることでしょう。

 留学生は勉強が忙しく、あまりにもスマホに時間を取られている人は問題です。カナダの高校では単位を取得しないと卒業資格はもらえませんし、ギリギリで卒業してもカナダの大学や日本の大学に入学するのは難しいでしょう。カナダの大学は数が少なくレベルが高いです。また、日本の大学はピンからキリまであるでしょうけど、有名大学に入学するためにはやはり成績を上げておかなければなりません。スマホの使い方や使用時間を自分で制御することは大切なのです。

留学生活において「何が大事か」をよく考えよう!

 スマホは情報を得たり、友達と繋がるだけでなく、ホームステイの親との連絡に使うこともあります。例えば夕飯が不要になったとか、今日は少し遅くなるなどです。電話で直接話をすることもありますが、メッセージでやり取りする場合が多いです。スマホを頻繁に確認しているホームステイの親も多いです。

 スマホは留学生にとってはいろいろな情報収集には欠かせないツールです。パソコンより気軽にオンできるし、携帯できるので便利です。使い方を考えてスマホをうまく利用すればこの上ない便利なものです。

 留学中にそんな便利で貴重なスマホを失ったり、壊してしまったりすることもあります。以下はスマホが壊れたときの様子を述べています。

スマートフォーンが壊れた


壊れたスマホ
スマートフォンを落としてしまい、画面いっぱいにひびが入っていた。すぐに契約した会社に連れて行った。店の人の話では修理すると200ドル以上かかると言われたので、新しいのを購入することにした。
携帯電話会社に相談
(携帯電話会社の店員と相談するYちゃん)
ところが、同じ機種のスマートフォンは在庫を切らしているので1週間ほど待ってもらわなければならないと言われた。仕方がないので、予約をしてこの日は引き揚げた。1週間ほど経ち、携帯電話の会社から電話があった。予約していたスマートフォンが入ったらしい。留学生のYちゃんに連絡し、放課後に電話を取りに行くことにした。放課後学校に迎えに行き、その足でモールにある携帯電話会社に行った。
新しいスマホとカバー
店に行くと、注文していた白いスマホが待っていた。設定をしてもらい、使えるようになった。もう壊したくないので、落としても画面が壊れないよう、携帯電話用のカバーを買った。

ひびが入ったスマホ
携帯電話を落としてしまった留学生のYちゃん。見ると画面の右上のほうににヒビが入っている。そして、画面も上手く作動しない。スマホを預かって、携帯電話会社に持って行った。店の人がいうには、保証を付けていないので、落として壊れた場合は直しようがないということだった。近くに携帯電話の修理屋さんがあるので、そこに行って修理にどのくらいかかるのか訊いてみた。そうしたら、修理費は130ドルぐらいでしょうと言われた。そのことをYちゃんに伝えた。
携帯会社と留学生
新品で買っても200ドル少々の物だ。カメラのレンズにも傷が入っていたのだが、レンズの修理は含まれていない。なので、Yちゃんは新しいのを買ったほうがいいような気持ちになっていた。日にちと時間を合わせて、一緒に店に行くことにした。水曜日の放課後、学校に迎えに行った。
新しいスマホ(右)
(右が新しいスマホ)
結局、新しい携帯電話機を買うことにしたのだった。

スマホをチェックする店員
(壊れたスマホを診断中)
お世話している留学生のAちゃんがiphoneが壊れてしまったと連絡してきた。落として画面が壊れたのではなく、急にカメラなどが上手く作動しなくなったらしい。彼女のスマホはiphone。ダウンタウンにあるアップルストアに一緒に行った。
新しいスマホ
(新しいiphoneがもらえた)
最初に店の人がiphoneを診断する。その診断によって修理するのか、それとも新しいのと交換するのかを決めるのだった。Aちゃんはカナダに来てからiphoneを購入し、まだ2年間の補償期間内である。暫くして、診断の結果が出た。そして、新しいiphoneに交換してもらえることになった。
データの入れ替え
(データを移し替えるAちゃん)
今まで使っていた彼女のiphoneの中にはいろいろなデータが入っている。そのデータをひとまずパソコンに入れ、そのあと新しいiphoneに入れ直す作業もした。結局、この日は混んでいて待たされたこともあり、店に入ってから出るまで3時間以上かかった。でも、Aちゃんがハッピーになって、よかった、よかった!

壊れたスマホ
スマホが壊れてしまったと留学生のK君が連絡してきた。落としたらしい。彼のもiphoneだ。アップルストアに連れて行った。
壊れたスマホについて説明する留学生
店の人にスマホを見せた。いろいろチェックしていた。K君のスマホは画面が破損しているだけでなく、前からバッテリーが熱くなる現象も起きていたので、そのことも伝えた。係りの人がバッテリー部分も調べてくれた。結局、修理ではなく、新しいiphoneに交換しましょうと言ってくれた。2年間のアップルケアに加入していたから、無料で新品と交換してもらえたのだった。
ピカピカのスマホ
最後にスマホの画面に液晶保護フィルムを貼ってもらった。スマホが光っていた。新品のiphoneを手にしたK君がニコッと微笑んだ。

上記のようにスマホが急に壊れてしまったり、落として壊してしまうことはよくあることです。他にもどこかに置き忘れたり、失くしてしまう者もいます。スマホは留学生になくてはならない物です。それ故に迅速に解決したいでしょう。そのために我々はできるだけ素早く行動を起こします。

Builder Clinic★フューチャーグローブ教育研究所★

FGEIは1994年にバンクーバーで設立された日本人の会社

●留学前の親切な案内と手続き
●留学中のきめ細かなサポート
●留学後の進学アドバイス

小学生・中学生・高校生留学のエキスパート
現地で親身になってお世話するから生徒も親も安心!
◆ゆとりある教育を実践するカナダ
◆それでも教育レベルが高いカナダ
●治安のよい地域で、しっかりした教育を受けさせたい、そんな夢が叶うバンクーバー
●世界で最も住みよい町の一つと評価されているバンクーバー