本文へスキップ

高校生留学、中学生留学、小学生留学、サマーキャンプ カナダ留学エージェント

VANCOUVER
フューチャーグローブ教育研究所(FGEI)

カナダ留学フェア

 毎年、春と秋に開催されるカナダ大使館主催の「カナダ留学フェア」。小学生、中学生、高校生、大学生の正規留学、サマーキャンプ、語学留学など、カナダ留学全般についての説明会です。最初に「カナダの概要」について全体説明が行われ、そのあとは各部屋でいろいろなトピックについて説明があります。また、留学経験者の体験談もあり、実際に留学した人から話を聞くことができます。

2019年 秋

◆東京
カナダ留学フェア内容 東京

 このフェアにはカナダの教育委員会や私立学校など多くの教育機関が参加しており、留学の基本情報やなぜ自分たちの教育学区や学校が素晴らしいのかなどを語ってくれます。質問があれば親切に答えてくれます。留学に興味がある人、また今は無くても留学がどういうものか知りたい人は是非参加してみてはいかがでしょう?

◆大阪
カナダ留学フェア内容 大阪

 ただし、注意することが。。。

=各学校や教育委員会の説明に関する注意点=

 留学フェアでは各教育委員会や学校のプレゼンターがそれぞれの素晴らしい教育理念を述べたり、自分たちの優れた部分、魅力的な部分を強調します。ですがプレゼンターは良い点しか話さないということを頭に入れておくことです。自分たちを売り込むにはマイナス面は言わないほうがいいのは当然ですから。

学校のカウンセラーに相談したいけれど。。。

 カナダに留学する場合、ほとんどの人が公立学校に行きます。公立学校はそれぞれの学校の関係者が説明に来るわけではなく、教育委員会の関係者がその学区の学校全体について説明します。学校ではカウンセラーに何でも質問すればいいと説明会で聞くかもしれません。公立、私立を含め、通常、学校には日本語が話せるカウンセラーはいないので英語で相談することになります。留学したばかりの生徒は言葉の壁があり、カウンセラーに会いに行くのも躊躇し、我慢や諦めの気持ちが先行してしまいます。最初からいろいろなことをカウンセラーに相談できる人はほとんどいないのが現 状です。

 また、高校には日本語を教えている日本人教師がいる場合があります。日本人だからと言ってもその人は教師であってカウンセラーではありませんから、勉強以外にいろいろと相談にのってくれるわけではありません。

ホームステイでトラブルが起きたら?

 それから、留学説明会ではホームステイのホストがヘルプしてくれるので安心という言葉も聞くかもしれません。カナダでは夫婦共稼ぎの人も多く、自分の生活や子供のことで忙しく、あまり手助けしてくれないホストもいます。ホストが留学生のために何でもしてくれるという期待はあまり抱かないほうがいいでしょう。

 ホームステイ先と留学生のトラブルはときどき起こります。教育委員会が直接ホストと契約している場合もありますが、ホームステイ斡旋業者と提携している場合もあります。もしトラブルが起きたとき教育委員会やホームステイ斡旋業者が何をしてくれるのかです。過去に実際に起きたことですが、ある留学生にトラブルが発生し、教育委員会がホストと留学生の両者から意見を聞きました。しかしホストは自分たちの非を隠し、事実でないことを教育委員会の担当者に話したのです。この件は我々が関与して上手く調停しましたが、最近はホームステイの数が少なく、教育委員会もホストとを大事にする傾向があります。

留学経験者の体験談は自分にも当てはまる?

 もう一つ付け加えておきますと、留学フェアでは留学経験者が体験談を語ってくれるコーナーがあります。ここでの話が自分にも当てはまるかはよく吟味する必要があります。こういった場所に呼ばれる人はいわば成功した人です。留学を失敗した人が大勢の前で自分の恥ずかしい経験をわざわざ語ることはありません。

 例えばプレゼンターがカナダの数学は簡単だったとか、英語は1年もすればカナダ人と差は感じなかったとか話す人がいます。しかしその人が元々数学がよくできていたかもしれませんし、英語の基礎があったからかもしれません。カナダの10年生の数学は簡単だと思う留学生は多いです。それは10年生で習う内容は日本の中学で習う範囲のものが多いからです。11年生や12年生になってくると日本ではまだ習っていない範囲の内容が入ってきます。これらを英語で学んでいくので、次第に難しくなります。  

 また英語に関しても日本でインターに通っていたとか、英検やTOEFLなどの英語能力 検定試験でそこそこの得点を取っているとか、既に英語の基礎がある程度できている人と日本の中学で英語の授業だけ受けてきた人とでは習得度に差があります。カナダではすべての科目を英語で学ぶわけですから、元々英語力があるほうが英語だけでなくすべての科目において理解度が高いと言えます。英語力が十分でない人でも努力することによって学習の困難を克服していく人もいますが、その努力は並大抵のものではありません。その覚悟を持って留学すべきです。

留学する前にできるだけ英語力を高めておくこと。

留学フェアでの話がすべてではない

 留学フェアで聞いた話がすべてではなく、隠れている部分もあるということです。最初にも書きましたが、プレゼンターは自分たちにとって都合の良いことしか言いません。留学フェアでは見えてこない部分も多々ありますので、現地の実情をよく知っている留学エージェントに問い合わせしてみることです。特に留学希望先の学校に近い場所にあるエージェントに質問することです。他の国や町に住んでいては表面的なことしかわからないですし、実際、間違った情報を伝えているエージェントも少なくありません。

 中学生や高校生は大人ほど経験がないし、ましてや言語や文化が異なる国に生活するのですから、やはり現地で面倒を見てくれるエージェントがいるほうが親も安心できると思います。エージェントのサポートは何をしてくれるのかをしっかり確認されておくことです。

留学フェアで概要を理解したら留学エージェントに詳細を訊ねよう!


 ↑「留学を考える」目次ページに戻る ↑

Builder Clinic★フューチャーグローブ教育研究所★

FGEIは1994年にバンクーバーで設立された日本人の会社

●留学前の親切な案内と手続き
●留学中のきめ細かなサポート
●留学後の進学アドバイス

小学生・中学生・高校生留学のエキスパート
現地で親身になってお世話するから生徒も親も安心!
◆ゆとりある教育を実践するカナダ
◆それでも教育レベルが高いカナダ
●治安のよい地域で、しっかりした教育を受けさせたい、そんな夢が叶うバンクーバー
●世界で最も住みよい町の一つと評価されているバンクーバー